森村会計事務所

Top Site map
TEL 0744-29-1750 / FAX 0744-24-3095
ご挨拶 事務所概要 業務内容 料金案内 お問い合せ リンク

業務内容

経理のための実務情報

・ 現金の管理方法  
     
  現金を管理する事が、経理においては一番重要となってきます。現金はその流動性の高さと預金通帳のような客観資料もなく、こまめに現金出納帳をつけておくことがとても重要となります。まとめて記帳しようとすると大変ですが、こまめに記帳すれば、手間も少ないですから、毎日つけましょう。以下は、注意点です。

1 金銭出納帳は毎日つける。
2 現金の入出金は必ず領収書等の確認書類と一緒に行う。
3 毎日、金銭出納帳の帳簿残高と実際の現金残高との一致を確認する。(できるだけ、記帳者以外の人間がチェックするのが望ましい)

<<現金管理の注意点>>
・毎日の記帳が難しい場合でも、領収書等の書類を残しておけば、後日なんとかなります。領収書の扱いは、現金並みに大事にして、どんな書類でも捨てないようにしましょう。
・個人経費と、事業経費が混ざってしまう場合は、逆に、現金勘定を無くして、使った事業経費の領収書だけを、月に数回、精算するという形で事業通帳からまとめて引き出す方法もあります。


・ 預金の管理方法
 
     
   銀行預金には、当座預金や普通預金などいくつかの種類がありますが、事業用の通帳でも特に小切手や手形を発行する等の必要がなければ、通常普通預金で事は足ります。

資金管理上は、メイン口座と、その他目的に応じて複数作成します。メイン口座の収支で毎月の資金繰りを考えられるように入出金を集中させると管理が楽です。目的別の預金は、積立用、営業所用など会社の目的別に作成して、それぞれの預金の収支で目的を管理できるようにしてください。

メイン口座を開設する銀行は、会社に近いことが一番ですが、銀行とのつきあいを考えるとスタンスが少し異なります。一般に信用金庫は、フットワークが良く、金利は高めになるかもしれませんが、3百万円や5百万円程度の小口融資にも積極的です。都市銀行はその逆、金利は低くても5千万円や1億円など大口融資に積極的です。地方銀行はその中間です。信用金庫は、地域密着の金融機関で、業績が多少悪くなっても付合ってくれやすいようです。都市銀行などはその辺はドライなところがあります。会社の現状にあった金融機関をメインにすることが重要です。
 
     
 ・  銀行振込について  
     
   銀行振込をする場合は、インターネットバンキングを利用すると便利です。最初は戸惑いがありますが、慣れると銀行に行く手間もありませんし、件数が多い場合には時間を有効活用できます。

また、振込による場合は振込手数料がかかりますが、銀行によって振込手数料は異なりますので多数の振込がある場合などには、手数料の安い金融機関に資金移動してから、個別に支払った方が安い場合もあります。特にネット銀行系は、振込手数料が安くなっていますので、振込件数が毎月数十件あるのであれば、振込銀行を変えるだけで会社の振込費用が安くなることがあります。
 
     
 ・  小切手の管理について  
     
   小切手の振出の際には、小切手の控えにも必ず日付、金額、相手先、摘要など必要事項を記載するようにします。そして、いつ、いくらの小切手を振り出してあるかを管理し、当座預金の残高と未決済の小切手がいくら残っているかを管理しておき、残高不足にならないように注意しておく必要があります。また、不正防止のためにも、小切手の作成者と小切手への押印者は別々の人間が行いダブルチェックを行います。実務上は振出日を将来の日付にした先日付小切手というものもありますが、あくまで振出者と受取人間の取立日についての約束ごとであり、法的に取立期日を指定する効力はありませんので、先日付小切手は発行しないようにし、発行する場合にでも信用できる相手に限定する必要があります。

小切手を受け取った場合には銀行での取立期間が10日間となっていますので速やかに銀行に持っていく必要があります。また、通常小切手を自社の預金に入金しても引き出せるまでに数日かかりますので資金繰り上、余裕を見ておく必要があります。
 
     
 ・  約束手形の管理について  
     
   約束手形の振り出しの際の管理で重要なのは、いつ、いくらの手形を振り出しているかを管理しておくことです。手形の控えに受取人名、金額、支払期日、振出日を記載しておき、いつ、いくらの手形が決済されるのかを管理するようにします。管理の上では、振り出した時に手形帳に記入し、引落日と金額と当座預金の残高を把握し、資金不足にならないように管理します。

手形を受け取った場合には、期日までの3日以内に銀行取立にまわす必要があります。また資金が早めに必要な時には銀行に割引してもらうこともできます。この場合は、手形を担保にお金を銀行から借りる形になりますので、利息を支払う必要がありますが、資金が必要な時にはよく利用されます。また、受け取った手形を裏書手形として支払に充てる事もできます。この場合には
 
     
     
                                         △ページの最初へ戻る
TOPSite Mapご挨拶事業所概要業務内容料金案内お問い合せリンク
Copyright(C) 20xx DDN All Rights Reserved.(記述例です)